ぐるぐるから抜け出す

ナリ心理学·健康法·様々なワークでもっともっといい自分に会う

マッチョの前で灰になる

 
f:id:MinoriK:20170615161119j:image

今年になって初めてスポーツジムに行ったんだけど。(^.^)

 

今まで運動という運動は高校時代にチャリ通してた事くらいしかなくて、正直避けてた事だった。

 

スポーツジムとかきっと運動が好きな人が集まる場所だし。ρ(тωт`)

自分みたいなのは居ないんだろうな。((( ;゚Д゚)))アワワワ

って思ってた。(^^;

 

 行ってみたらみたで、年齢層、体型問わず様々な人がいた。(^.^)

 

それでも内心はドキドキで血圧を測ったんだけど

 

140/100!!

 

( ゚Д゚)!!えっそんなはずは!

 

と思ってもう一度計ってもらうと

 

115/78に(;^ω^)

 

ビビりすぎ。笑

 

そして、担当してくれるトレーナーさんが来てくれて

 

こんにちは!(^^)/マッチョ

 

( ゚Д゚)!!!

 

(なんだろう?あの腕周り、私のふくらはぎより立派なんだけど…絶対に周径40センチはあるよね?何したらあんなになるんだろう( ゚Д゚)というかこんな強そうな男性に出会うの初めてだよ((((;゚Д゚))))し、死ぬ。)

 

(*_*)あ、どうも…。

 

ジムデビューはトレーナーさんのあまりのインパクトにメンタルが灰になったけど、

 

なんでそんなに恐かったのか書き出してみると!

 

実は中学時代、男子とけんかしていた時もあったのでその時の事をまだ引きずってて、

 

トレーナーさん恐いなぁと思ったのは 

 

過去の思い出から気づかない間に戦おうとしてたみたい。笑

 

それに気づくまで、自分が(*_*)こんな調子だったのですごく心配されてしまった。

 

その時起こったことは生きてきた時間のほんの一部分なのに、あまりにビックリしちゃうと全部が全部そういうものとしてクセがついちゃったりする。

 

目の前のトレーナーさん優しいのに。笑

 

なのでビビった時も何かに気づくチャンスなんだ。(^▽^)/

 

 

何かに気づきたい方はこちらに 

かまがたのLINE@→https://line.me/R/ti/p/%40tyf7687w